環境

環境基本方針

帝国繊維(テイセン)グループは、防災事業を通じて、巨大地震などによる大規模自然災害や地球温暖化に伴う急激な気候変動の脅威から社会や事業の安全・安心を守ることを目標に、持続可能な社会の発展とSDGsの達成に向け、日々取組んでおります。今般、環境保全にかかわるマテリアリティを特定するとともに、環境基本方針を策定いたしました。持続可能な社会の実現に向け、グループを挙げて環境活動を計画的かつ効果的に進めてまいります。

環境基本方針

当社グループは、地球環境が重大な局面を迎えていることを認識し、人々の健康で豊かな生活に貢献する企業として、そのすべての事業活動を通じて環境保全と循環型社会形成に積極的に取り組み、持続可能な社会の実現のために全力を尽くします。

  1. (1)省資源、省エネルギー、温室効果ガス排出量削減、廃棄物削減等に取り組み、環境負荷の少ない事業活動を推進します。
  2. (2)ライフサイクルの全過程(調達、生産、販売、流通、使用、廃棄、輸送)を通じて環境負荷が少ない製品と技術の開発に努めます。
  3. (3)環境マネジメントシステムを運用し、環境関連法令等を遵守し、環境汚染を防止します。
  4. (4)教育と啓発活動を行い、全員参加で環境保全に取り組みます。
  5. (5)サプライヤーを含むビジネスパートナーに環境保全の働きかけを行います。
  6. (6)環境情報を公開し、ステークホルダーとの対話を推進します。

CSR調達における環境配慮に関しては、サプライチェーン「CSR調達」をご覧ください。

脱炭素社会へ向けた取り組み

弊社のホース製造拠点である鹿沼工場(栃木県鹿沼市)、車輌製造拠点である(株)テイセンテクノ(栃木県上三川町)ではISO14001を取得し、CO2の低減、省資源、省エネルギー、リサイクルを通じて、環境保全と汚染防止に継続的に取り組んでおります。
また、鹿沼工場では約545kwの太陽光発電設備を設置し、太陽光により発電したグリーン電力を製造工程に活用(2023年6月開始予定)するなど、脱炭素社会に向けた取組みを一層加速してまいります。

エネルギー使用量

2020年度 2021年度 2022年度
電気 (kWh) 3,938,617 4,425,107 4,098,430
重油(ボイラー) (ℓ) 221,100 248,100 252,900
プロパン LPG液化石油ガス (m3) 21,560 16,510 9,924
都市ガス LNG液化天然ガス (m3) 52 196 475
水使用量 (m3) 266,155 265,019 234,887
(上水道) (1,701) (2,704) (2,400)
(井戸水) (264,758) (262,315) (232,487)
灯油 (ℓ) 24,945 13,055 8,529
軽油 (ℓ) 16,426 14,308 8,041
産業廃棄物排出量 (t) 382 329 286
コピー用紙使用量 (枚) 3,516,069 3,225,438 3,205,948

CO2排出量

2020年度 2021年度 2022年度
Scope1 (t-CO2) 701 741 727
Scope2 (t-CO2) 2,127 2,333 2,125